さまざまな理由で自己破産をしてしまった場合、借金はなくなるとはいえデメリットはたくさんあります。信用情報会社に自己破産者になったことが記録されるため、その後5〜10年ほどは、クレジットカードの利用ができなくなります。ブラックリストと呼ばれるものですが、掲載されてしまうと銀行や金融機関などで融資をしてもらうことが非常に難しくなります。自己破産者になって、返済の必要がなくなっても、社会的な信用がなくなってしまいます。法律上では7年となっていますが、実際はそれ以降も審査は厳しくなります。自己破産者でも融資をしてくれる金融機関もありますが、たいがいは闇金融です。闇金融からお金を借りようとすれば、どうしても高い金利での借入になってしまうことでしょう。自己破産をすると何年も住宅ローンはおろか車のローンさえ組むことが難しい状況になってしまうのです。できるだけ自己破産者にはならず、どうにかして借りたお金を返すことばできないかを考えてみましょう。地域の自治体に出向いて相談するという方法もあります。一度でも自己破産者になったことがある人は、同じことを二度起こさないように注意することです。自分だけではなく家族や友人、連帯保証人の方などに心配や迷惑をかけたことを忘れないことです。融資を軽い気持ちで利用して、自己破産者にならないようにしてください。