クレジットカードの便利な使い方

クレジットカードは使い方を誤ると支払額の焦げ付きや個人情報を持って行かれるなどのリスクはあるものの、ポイントが貯まる、ATMに行って現金を下ろさなくても買い物できるなどの便利な点があります。
これらの1つとして注目しているものに「電子マネーを介しての支払」があります。
数年前に某ポイントサイトで、「このバナーから登録すると1000円分(もしかすると1500円分だったと思いますが、忘れました)のポイント差し上げます。」というキャンペーンがあったことから、モバイルSuicaに加入し、代金の支払カードはもちろん先のオリコカードJCBにしました。
カードタイプのSuicaは前々からつかっていましたが、モバイルSuicaにすると、今までは駅で券売機に並んで現金を挿入してチャージしなければいけなかったのですが、いつでもどこでも携帯を操作してクレジットカードを介してチャージOKとなり、ずいぶん便利になったなと思いました。またクレジットカード登録するとモバイルSuica特急券といい、駅に行かなくても新幹線の切符を購入できるのも大変便利に思いました。チャージについては、当初はオリコカードのポイントが利用額に応じたものの他、利用回数に応じても付いたため1000円ずつに分けて細かく行ったものですが、いつのまにか利用額分のポイントのみになったためある程度まとめてからにするようになりました。その後MVNOでスマホを使うようになりましたが、お財布機能がないためモバイルSuicaは今までの携帯で使い続けています。このとき通信費の節約の点で、今はだいたい月1でまとめてチャージです。
電子マネーとしてはもう1つQuicpayを使っており、こちらはまだ加盟店が少ないなどの難点はありますが、チャージが要らないポストペイ式のため、通信費を気にする必要がない(ただしアプリや契約の更新時は必要)のがいいです。また携帯で払えばよいため、カードを別に持ち歩く必要がなくサインも不要で、少額支払いの時も気軽に使え、それでいてポイントも貯まる点がいいです。
また私は個人事業主として毎年青色申告をしており、このための帳簿作成を弥生の会計ソフトで行っています。今年からはオンライン家計簿プログラムZaimとの提携によって、クレジットカードによる経費の精算を「スマート取引取込」で自動的に可能となりました。これにより申告までに至るプロセスが大きく簡略化されるとともに、Zaimの活用で家計管理もかなり効率的になりました(前から家計管理はあるソフトで行っていましたが、オフラインでありしかもソフトを1台のPCでしか使えないなどで不便でした)。