住宅ローンのシュミレーションには、いくつか種類があり異なる面からローンを比較検討できるようになっています。シュミレーションをする時の実例をいくつか見てみましょう。住宅ローンのシュミレーションと言われて真っ先に思いつくものは、融資額を知るためのものです。特に共働きの家庭の場合は、2人でいくらまで住宅ローンを借りられるのかを知る必要があります。毎月の返済金額をいくらに設定するか、どういった返済方式でお金を返していくかが、次に知るべきことといえるでしょう。月の返済額は、今後の毎月の生活に関わる重要なことなので、シュミレーションをする時には必ずチェックするようにしましょう。住宅ローン金利は金融商品ごとに異なっていますので、それぞれの住宅ローンごとにシュミレーションをしてみる必要があります。毎月の金額や支払い総額を比較することで、自分の計画に適したローンがどれなのか見分けることができます。住宅ローンを利用する際に必ず確認しておきたいのが、繰り上げ返済です。住宅ローンの返済はどうしても長いスパンになりがちですが、途中、返済がしやすい時期な多めに返しておくことで、ローンの負担を軽くできるものです。住宅ローンの繰上げ返済のシュミレーションをする際には、子供の進学等のまとまったお金が必要な時はなかなか難しいものです。途中で繰上げ返済をする余裕があるかによっても、トータルの返済総額は影響を受けるものですので、長期的な視点に立って住宅ローンの返済プランを立ててみるといいてじょう。繰り上げ返済はしないという選択肢もありますが、シュミレーションをしっかりして、支払い総額の違いをみてみましょう。余裕のあるうちに、前倒しにして返済を済ませてしまいたいと考える人は少なくありません。住宅ローンを繰上げ返済することについてシュミレーションをしてみましょう。