住宅ローンを組む時には必ずローン返済のシュミレーションをしてみることをおすすめします。どんなものを、住宅ローンのシュミレーションというのでしょう。返済額の試算、借り入れ可能額の試算、ローンの繰上げ返済の試算などをすることです。借り方を変えた時に、返済の方法がどう変わっていくかなども計算で出します。住宅購入時にかかる諸費用の試算など様々な試算をしてくれるシュミレーションもあります。1カ月の返済金額はいくらで、幾らまでの借入が可能でといった細々とした条件も含めてシュミレーションができます。住宅ローンと言うのは返済金額が大きいのはもちろんのこと、ローンの諸費用も思っていた以上にかかると言われています。住宅ローンの内容を具体的に決めるためには、シュミレーションを参考にすることです。借り入れ可能な額はいくらか、毎月いくらまでならば返済が可能なのかをシュミレーションしてみるといいと思います。銀行や金融会社が住宅ローン融資を行う場合、返済の負担は年収の25〜35%を越えないようにすることが多いようです。年収に占める住宅ローンの割合が35%以上になると他の家計に影響を与えて、生活が苦しくなると言われているからです。住宅ローンのシュミレーションを行う場合には、年収に比して返済をどのくらいにするかを考えるといいでしょう。