消費者金融のカードローンやクレジットカードの申込をする際には審査があります。申込の際に申込書を作成しますが、その内容が正しいかどうかはわかりません。また、現在申込をした人がどれだけの借金を背負っていたり、どのようなクレジットカードの使い方をしているかは、申込をした本人すら正しく知らないことがあります。
しかし、そのような情報は審査では大切です。借金が多い人に追加で貸付をすることは危険ですし、場合によっては貸金業法の総量規制に引っかかることもあります。また、リボ払いの残高が多い人は往々にして支払不能予備軍です。
このような情報を得るために、業界で今までのサービス利用状況を登録する情報機関を設置しており、これを信用情報機関と呼んでいます。信用情報機関は現在3つあり、銀行系・消費者金融系・信販会社系の3つがあります。
信用情報機関に登録されている情報は、ただ単にカードローンなどの借金残高だけではなく、クレジットカードの支払状況なども登録されています。一般的に「ブラックリスト」と呼ばれている長期間の支払遅延や債務整理の情報もここに含まれます。この「ブラックリスト」に該当するような重要な情報は、相互に情報交換がされています。
現在の貸金業法は、収入の3分の1までの貸付に限定させる融資制限を設けています。しかも、制限の内容は他社の借入も含んでいますから、信用情報機関のデータがない限り貸付もできないのです。
また、信用情報機関のデータには勤務先や年収ばかりではなく、運転免許証番号まで登録されています。どんなに情報を蓄積していても、他人の情報を参照していたら意味がないためです。
ブラッックリストとして登録された人は、他人になりすまして借入をしようとすることが多いです。そのような事を防ぐ手段として運転免許証番号の登録をしているのです。ちなみにこれらの情報は自分でも確認することができます。また、誤りがあれば訂正依頼をすることも可能です。