高すぎる利息は支払う必要がない

利息が高いと言われる消費者金融であっても、今の日本で合法的に商売をする以上は年利20%以上の利息を取ることはできません。しかも、10万円以上100万円未満の貸付であれば18%.が上限です。大手消費者金融の「最高利率」は、18%であることが多いのですが、これは利息制限法という法律で利率の上限が決められているためです。
最近はずいぶんと少なくなりましたが、法律事務所などが「過払い金請求をしよう」と大々的にキャンペーンを繰り広げていました。このキャンペーンは、利息制限法が今よりもっとあいまいだった時代に年利30%近くの高い金利で貸付をしていたことが原因です。
裁判で年利18%以上の金利は違法だという判決が出てしまったため、今まで30%近くの金利で借りていた人が一斉に消費者金融に対して返還請求を始めたのです。それまでは利息制限法など事実上守られていなかったのに、いきなり守れと言われた上に高すぎる利息は返せと言われたのですから消費者金融は大損害です。
大手のほとんどは銀行傘下に入ることで難を逃れましたが、昔からイメージの悪い大手は引き取り手がなかったのか銀行系列にはならず、倒産したり債務整理の対象になりました。中小の多くは廃業を余儀なくされ、昔ながらの「街金」の多くは姿を消したのです。良くも悪くも消費者金融という業界の「大掃除」がされ、イメージだけはクリーンな大手が生き残っているのが現在の消費者金融業界です。
現在の利息制限法では、10万円未満なら年利20%、10万以上100万未満なら年利18%、100万以上であれば年利15%と上限がしっかり決まっています。消費者金融が順守すべき貸金業法という法律でも、これ以上の利息を取ることを禁止されており「年会費」などの名目で借手から事実上の利息を取ることも禁止されています。
高すぎる利息は支払う必要がないというのが現在の消費者金融です。案外知らない人も多いでしょうが、一つの知識として覚えておくといいでしょう。