キャッシング金利の決まり方

キャッシングをした際の金利は、貸金業法などで制限されています。10万円以上の貸付であれば年利18%が上限なので、ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社はこの金利を上限として貸付をしています。しかし、100万円以上の融資限度額の場合は年利15%が上限なので、それに合わせています。
一般的に金利は融資限度額と反比例していると言われています。金利は、借りた人の信用度合いで決まるのですが、信用があれば貸倒の心配が少なく、低い金利で貸しても安心ですが、信用力に劣る人であれば貸倒の確率が高く、高い金利でなければ割に合わないのです。
そのため、消費者金融によって金利の設定には違いがあります。これは、消費者金融ごとに審査の方法に差があり、判定される「信用の程度」に違いがあるためです。また、消費者金融にも経営がある程度安定しているところと、そうではないところがあります。安定していない中小消費者金融は金利が高めです。
信用度合いは、職業と年収で主に決まります。大企業の正社員だったり公務員の方は一番信用度合いが高く、次に中堅企業と呼ばれる会社の正社員の方が続きます。派遣の仕事の方やアルバイトの方、更には自営業の方はどうしても信用度合いという面では劣ってしまいます。
当然のことですが、年収が多ければ信用度合いは上がります。しかし、職業が安定していないと判断されると、年収が多くても割り引いて判定されることがあります。
このような内容で自分の信用度合いは決まるのですが、自分の勤めている会社の内容で信用度合いが判定されていることに疑問に思う人もいらっしゃるようです。帝国データバンクという会社の名前を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、審査ではこのような興信所の判定結果を利用していることが多いのです。
キャッシングの申込をすると審査がありますが、審査ではただ単に貸付可否を決めているだけではなく、融資限度額と金利も同時に決めているのです。