できることなら消費者金融以外で工面してみては?

私もまだ若かったころ消費者金融でお金を借りた経験があります。
どうしても必要な30万円が用意できなかったのためなのですが当時は、もっと金利の安い銀行のフリーローンなど審査を受けに行くという頭がなく、簡単に借りれる方法として消費者金融を安易に選んでしまいました。
とにかく早く用意しなければいけなかったことと、借金なのでその相談を第三者に対して面と向かってしに行く勇気がもてなかったことが原因です。
会社員で働いていたので、通常の銀行窓口へ行って申し込めば30万程度の融資は通ったと思うのですが、相談しているところを知り合いにも見られたくないし、こんな若造を銀行が相手にしてくれるんだろうか、とか知らないことばかりで不安でした。
しかし、消費者金融のカードローンは無人機で申込みが可能です。
私が当時利用した無人機は、機会を通じて免許証か何かを提示して読み取りされた記憶がありますが、あとは借入希望額や年収などについて電話機で先方と話すだけで審査の運びとなりました。
そして、即日50万円までを限度額とする審査に通りました、と電話連絡がありました。
正直、お金を用意することがその時点では一番の優先事項だったので助かりましたが、返済する過程で利息がけっこう高くつくことを知ります。
年利18%というと、30万借りたら、6万弱年間で利息が付くわけです。12か月で割っても月額、5000円程度。
毎月2万円ずつ返済に充てても、最初のころは15000円ずつしか減っていかないわけですよね。
この利息の5000円を見るたびに、1か月で5000円あったら何ができるだろう、焼き肉いけるな、とか、服も買えるな、とか考えていました。
そして、消費者金融系のカードローンでは細かい返済計画が表記されません。
たとえば、クレジットカードで買い物をしてリボ払いにすると、10万円買ったとしてリボで10000円ずつ返済と設定。
そうすると、今月の引き落としがいくらで残りいくらで何月で終了と一目でわかる明細書が届きますよね。
しかし、消費者金融から借りて返済をしても、普通に銀行でお金をおろしたときと大差ない明細書がぺらっと出てくるだけ。
なんとなく感覚がマヒしてしまうのです。この調子で返済しているとあと1年半も続くのか・・・とか思う機会が少ないのがよくない点だと思いました。
もし、どうしても消費者金融で借りるなら、一度書面に起こして、ちゃんと返済計画を確認したほうが良いですよ。
そうでなければ、長期にわたってたくさんの利息をだらだらと払うことになりますし、危機感が持ちにくいのでまた新たに借入してしまう危険もあります。