繰上返済の大切さ

キャッシングはお金に困った時に非常に役に立つ融資の手段です。一度契約しておけば、自分の必要な際にいつでも借りることができます。その反面、この便利さは貸し手側からするとリスクが高いことを意味しており、利率は高いことが普通です。
消費者金融のカードローンのように返済も自由自在にできるキャッシングであれば、資金的な余裕があった際には少しの金額でも繰上返済をすることで利息負担額を減らすことができます。クレジットカードのキャッシングも同様で、手続上の期日により可能かどうか決まりますが、カード会社に振込をすることで最低限の利息負担額にすることができます。
このように、繰上返済をすることで利息支払額が少なくなるのは大きな利点です。しかし、利点はこれだけではありません。繰上返済をすることで借金の額が減少し、完済までの期間を早くすることができます。
お金を借りていることは1つのリスクです。給料などが少なくなったり、倒産や解雇で給料自体なくなってしまった場合も返済義務が免除されるわけではないのです。消費者金融などの審査は、申込時の給料を継続的にもらい続けることを前提しています。前提が崩れたら、返済ができなくなる可能性があるのです。
繰上返済のメリットとして、利息支払額の減少を挙げる人が多いようですが、実際に一番大きなメリットは借金を抱えているリスクを少しでも減らすことができる点なのです。法律事務所などに債務整理を依頼する人の中には、契約した際は余裕で返済することができたにもかかわらず、返済中にリストラに合ってしまい返済が続けられなくなってしまった人もいます。給料が減っただけであれば、返済猶予や条件変更で対応できますが、リストラされたらお金が無くなりますから手の施しようがないのです。
また、消費者金融のカードローンは、万が一の際に借りることができる点が大きなメリットでもあります。しかし融資残高が少ないと、いざという時に役に立ちません。このようなことをなくすためにも繰上返済は必要なのです。