銀行系キャッシングの審査

銀行系キャッシングの審査は、他の系列キャッシングの審査より厳しい傾向があります。消費者金融系、信販系のキャッシング会社よりは銀行系の審査は厳しいですが、銀行が行っているキャッシングほどは難しいものではありません。基本的なところはきちんとチェックされますので、申込み時の書類に不備がないよう確認をしっかりしましょう。虚偽の申告として、審査に通りにくくなるのが、住所や電話番号を間違えている場合です。銀行系キャッシングの審査で重視されるのは、過去のキャッシング利用履歴です。気を付けたほうが良いのは、今すでに他のキャッシング会社から融資を受けている人や、融資を金融会社からうけたときに支払しない時期があった人です。他社の借入件数も重視されます。借入件数を減らすためにも、複数のキャッシング会社から融資を受けている人は、返済を先に済ませておくことも考えましょう。銀行系キャッシングは総量規制の対象になります。年収の3分の1を、キャッシングの利用金額の合計が超えることはできないことになっています。既に借り入れ済みという人は、総量規制の対象外になっている銀行などで融資を受ける必要があるでしょう。それぞれの金融会社によって審査基準は異なりますが、やはり他社と比較すると銀行系キャッシングは審査が厳しいことが多いようです。