いろいろとあるキャッシングの種類

一言で「キャッシング」と言っても多くの種類があります。クレジットカードのキャッシングサービスもあれば、消費者金融のカードローンもあります。小規模な消費者金融で、店舗の窓口で直接貸付をする形態のローンもキャッシングと言います。消費者金融に限らず、一般的な貸金業者からお金を借りることをキャッシングと広く呼んでいるのです。
このように最近はお金を借りることを「キャッシング」と呼んでいますが、一般のローンと同義で呼ばれているため、何でもキャッシングという事が多いようです。最近はネットで融資の宣伝をすることが多いのですが「キャッシング」と表示することで、お金を借りたい人にアピールすることも多いようです。
大別して、このキャッシングは返済回数で2つに分けることができます。消費者金融のカードローンのようにリボ払いで分割の形式で返済するものと元本と利息を翌月などの決済日に一括返済するものです。昔は「キャッシング」というと後者の一括払いのことを言うことが多かったようです。
クレジットカード会社では、1回払いの場合はキャッシングと呼び、リボ払いの場合は「カードローン」と呼ぶことが多いようです。しかし、最近は「キャッシングリボ」と呼ぶこともあるため、ネーミングだけでは内容がわかりにくくなっています。
銀行でも消費者金融同様にカードローンを提供しています。しかし、銀行のカードローンはキャッシングと呼ぶことが少ないようです。ネット銀行はWEBでの宣伝が主なので消費者金融同様に「銀行キャッシング」と呼ぶこともあるようですが、昔ながらの銀行では「カードローン」と呼んでいることが多いです。融資形態がわかりやすい商品名を付けないと、他の種類のローンと区別がつかないためでしょう。
いずれの「キャッシング」であってもお金を借りていることは間違いありません。できるだけ早期に返済することが自分のリスク軽減につながります。できるだけ「昔ながら」の一括払いのキャッシングにした方が賢明です。