ローンの特約とは

ローン特約をいう言葉を耳にすることがあります。ローン特約は、どうしてもつけておかなければいけないのでしょうか。ローン特約とは売買契約締結後に万が一住宅ローンを借りることができなかった場合、売買契約を白紙にできるというものです。もしもローン特約がない住宅契約を交わした場合は、ローンが利用できなかった時の支払い手段がなくなります。支払った手付金を放棄して契約解除をするか所定の損害賠償金や違約金を請求されてしまいます。仲介業者側の責任も、追求する必要が出てくるでしょう。銀行から事前調査によるローン契約の内定があったことで安易に住宅ローン特約を外してしまうとこのような事態になります。内定をもらっていたローンの審査に断られることは珍しいですが、何らかの原因があるならありえることです。事前審査で申告した内容に虚偽の記載があったり、提出書類を故意に書き換えていたりすることもあるようです。申込みをした本人に問題がなくても、銀行の審査の基準がいきなり変化をすることもあるようです。後から別のローンが組める金融業者を探すのも大変です。銀行からは融資の内定をもらっているという場合でも、もしもの時に備えてローン特約はつけておいたほうが安心できるものです。