クレジットカードを持っていて良かった話

何よりもポイントが付く所がクレジットカードを持っていて良い所です。現金払いの時と同じ金額を払っていてクレジットカードではその分ポイントがついて還元され、現金では殆ど何も特権が無い所にクレジットカードの魅力を感じます。そのポイントに応じて商品が貰えたりしますが、殆どのクレジットカード会社の商品の中には商品券があります。買い物をしてポイントが集まりそのポイントで又商品券にして他の物を買う事が出来るのは現金にはないクレジットカードの特権だと思います。結果としてタダで商品券を手に入れる事が出来るので使って損は無いと思います。クレジットカード会社も沢山の顧客を増やしたい目的で入会のサービスを行っています。クレジットカードを契約するだけで数千円分のポイントがもらえたり、商品券が貰える事もあります。他にも様々なキャンペーンをしており抽選で家電が当たったり商品券が当たったりする事もあります。頻度としては多くありませんが、現金ではその様なキャンペーンをしていないので抽選にすら応募も出来ない状態です。そんなクレジットカード会社のサービスに乗ってみるのもいいかもしれません。他にはそこに現金が無くても買い物が出来るというメリットがあると思います。たまたま持ち合わせがなく、以前から欲しかった物が格安で販売されているチャンスを見逃す事が防ぐ事ができます。よく考えると使い過ぎるという少々怖い所にはなります。しかし、本来ならお金が無ければ買えない物をクレジットカードを使用する事で未来からお金を借りて商品を購入する事が出来ます。お金を借りるのは金利が発生しますが、クレジットカードの場合ですと余分なお金を負担しなくても未来からお金を借りる事ができます。結果として消費者にとって有利なシステムになっていると考えます。上記の様に現金では得られない特権がクレジットカードには詰まっていると思います。